無線LANルーターの普及と選び方について

無線LANはケーブルを使わない接続のやり方です。今現在で最も世間一般で使われている方式となりました。



以前はケーブルを本体に挿入する有線LANが普及して来ました。



ところが最近ではパソコンからスマートフォンへと世間の需要が変化していき、有線のやり方では不便さを感じるようになってきました。

デスクトップパソコンのようにケーブルを挿しても、動かす必要がない製品なら問題はありません。
対してスマートフォンやタブレット、ノートブックパソコンのように携帯する事を想定した製品の場合は無線LAN一択です。ケーブルを挿したまま携帯する事は出来ず、そもそも論として挿入する穴が最近の端末には搭載されていないです。

無線LANを使う方法は色々とありますが、家庭用のルーターを買うのが一般的となります。家電量販店に行けば大手メーカーの無線ルーターが販売されています。


製品の選び方は人それぞれですが、費用対効果を意識するなら安価な物を選びましょう。


一般的な家庭であれば電波が極端に強くなくても大丈夫です。接続台数も10台以下でしょう。



その選び方でデメリットを受ける確率は低く、店頭で見かけた大手メーカーの廉価版を購入すれば、すぐに無線LANの環境が構築出来ます。
当然プロバイダ会社との契約は必須であり、まだ契約していない方は先にそちらの手続きを済ませましょう。
無線ルーターの選び方がいまいち分からない時は量販店のスタッフに相談すれば、快く教えてくれます。