無線LANには3つのタイプが、選び方は自分の需要で

無線LANには主に三つのタイプがあります。選び方は個人の求めるニーズで変わります。



一つ目のタイプですが、いわゆる据え置き型のWiFiルーターです。家庭や職場に設置される機器を、アンテナ代わりにしてネット接続をします。
利点は電波が強い事、回線の品質が安定している事です。
プロバイダ契約を結ぶ必要があり、ランニングコストは要ります。



一方で自分専用の無線LANになるため、セキュリティの観点からも安心感が高いです。
二つ目の無線LANのタイプですが、俗にフリースポットと言われるものです。

街中に設置されており、不特定多数の人々が自由に使えます。

商業施設や個人契約のカフェ、空港や公共施設など今では色々な場所に設置されています。

文字通り誰でも使える事もあれば、簡単な初期設定が必要な場合があったり、無料ではあるものの商業施設のネット会員に登録しなければアクセスの権利が得られない等、フリースポットといっても実は千差万別です。
フリースポットの選び方のコツは普段自分がよく利用する施設の物をセレクトする事、あまり出かけない施設の会員になっても旨味はありません。

三つ目のタイプですがモバイルルーターです。
持ち運べるWiFiルーターといった形です。小型のモバイルルーターを契約する事で、それが自分専用のアクセスポイントとなります。



契約するサービスによって回線の品質やアフターサポート、月額料金は変わりますので、選び方には要注意です。